積むゆとりがないブログ  -  カテゴリ:エウレカセブンAO (1/1)

応援バナー(仮)

bunner_1500_500_hati.jpg

エウレカセブンAO 第22話 「ギャラクシー・トゥ・ギャラクシー」 感想

「訳分かんないだよ」とトゥルースに立ち向かうアオ
視聴者も訳分かんないだよw
トゥルースさんは、真実を知っている風だったのに、結局は何にも知らなくて、シークレットにトゥルースもシークレットと言われて、挙動不審に陥っていたのに、今回は何で物知り顔で現れているんだよw
シークレットであったトゥルースさんはスカブに取り付かれて病み、世界を破壊しようと思った模様・・・
トゥルースさんと戦う中、スカブに取り込まれたアオは、ナルの入た別のスカブへ瞬間移動
ナルの家で食事をするアオ
ナルとの会話の中、ナルはビッチじゃなかったということが判明・・・って
どういうこと??
ナルさん、トゥルースにホイホイ付いていったくせに、今更、ヒロインぶって、フラグ建築しているの?
ナルさんの角、着脱式w

トゥルースさんは世界を壊したかった、そんな彼に付いて行ったナルさんの行動理由が分からんよ
アオと並びたかったと言われてもね・・・

恥ずかしながら帰ってきたエレナw
横井庄一かよw

シークレットと手を組んでトゥルースさんと戦うアオ達でしたが、戦いの途中で続くw
物語は、秋にあるエウレカセブンAOに続くのですが、何かうまくまとまっておらず、投げっぱなしな感じ

Cパートがあり、一万二千年の荒廃した世界で男がニルヴァーシュ type ZERO spec3に乗って旅立つ場面で終わるのですが・・・
声がひろし・・・w
ホランド・・・もしかして、ホランドの子なのとか思ったりもしましたが、顔の目のあたりがレントンで・・・
そして、決定的には、レントン・・・藤原 啓治とエンディングで流れる始末・・・
レントンの声は、やっぱり三瓶由布子だろ・・・
うーん世界観からして、一万二千年の世界は、トゥルースとの対決で滅んだ世界なのか??
クオーツガンが撃たれた跡が空にたくさん出来ていたのが気になりました

それにしても、これ完結編があるとしても、後数話でまとめることができるのかな・・・
特番でやられると完結編、録画予約するの忘れそうな感じがする・・・




エウレカセブンAO 第21話 「ワールド・トゥ・ワールド」 感想

何かもう驚きを越してカオスな物語になっているエウレカAO
つい数ヶ月前まではヒロインだと思っていたナルちゃんはニルバーシュに乗って軍にも手配されていたのに
今回は宗教の教祖っぽい位置に立っていて、家族の住む自宅から、仕事と称してデモに参加しているなんてw

トゥルースと組み、何か野望を持っていた中村さんは落ちぶれ、日本軍を辞めることに・・・
中村さんには何かあると思っていたのにただのかませ犬だったの・・・?

自分のことを異世界人で、選ばれた人間だと思っていたエレナは、実は1981年にスカブバーストに巻き込まれ、エウレカに助けられ、2020年にカリブ海に置き去りにされた子だったということが判明・・・
ほんと、自分設定だけの痛い子だったとは・・・
エレナがチーム・パイドパイパーを裏切り、連合軍に入ったのも、アオにクオーツガンを撃ってもらい、世界の外側に出たかったからということが判明・・・
何だかなぁ・・・色んな謎が判明しますが、何かがっかりのオチ・・・
そんなテンションが下がっていく中、再び現れるトゥルースさん・・・
トゥルースさんがラスボスという点でもうね・・・



エウレカセブンAO 第20話 「ベター・デイズ・アヘッド」 感想

ブランはクオーツの融合爆裂によって、トゥルースを道連れにしたものの
新たなるIFOが登場して、トゥルースと融合していたり、
ブランはシークレットと手を組んで、自分が死んだ後でも、チーム・パイドパイパーが自由に行動できるように、日本軍に手を回していたり
物語の謎は深まるばかり

クライマックスにしては残りの話数が足らないのじゃないかと思ったいたら
巷の噂では、このエウレカAOは分割2クール(つまり合計4クール?)だという話も・・・
あと、2クールもあるのなら、サッカー回はできるなw

ハンナママが連合軍に寝返ったのは、チーム・パイドパイパーの時間稼ぎみたいな感じでしたが、エレナが寝返ったのは、何なのだろう
ちなみにエレナが連合軍に乗っていった機体はチーム、ゴルディロックスの試作機IFOですね



エウレカセブンAO 第19話 「メイビー・トゥモロー」 感想

トゥルースは自分が自分がシークレットと言うことを知り、今回になって完全に小物臭がするキャラに・・・
世界の全てを知ってるっぽいキャラだったのに、実は自分の正体も知らなかったのかよw
ナルはいつの間にか、悟りを開いているよく分からんキャラに変異しているし
ナル>トゥルースの関係になってるし、何なのだろうw

ゲネラルシオンブルは、送電を停止されたり、親会社に見限られたり、もう四面楚歌な状態
そんな状態でもシークレット排除業務を、スカブ排除業務に変えたりして、会社を回そうとしていたブランでしたが、
連合軍によって、クオーツとクオーツガンを押収の名目で攻められようとする

連合軍側にやっぱりいたマギー
もうクライマックスだけど、マギーも物語に加わってくるのかな??

ブランの命をかけたクオーツによるトゥルースへの攻撃
でも、トゥルースには効いていないと思うのですが、娘を守っての戦いは、少しうるっときましたよ
彼がシークレットとした契約も気になります
自分が死んだ時に娘へ移行するという約束は何だったのでしょうか??


エウレカセブンAO 第18話 「ドント・ルック・ダウン」 感想

前回、ゲネラシオンブルへ向かった非難を避けるために、連合軍に捕まったアオでしたが
うーん、あんまり、アオが連合軍に捕まったわけが分かりません
アオがどこに所属しようと、ゲネラシオンブルはクオーツを秘密裏に所有していたことにより、もう崩壊に向かっているわけですし
クオーツガンは、どこの軍に所属しようと、次期に使わないといけない時が来るのは目に見せているし・・・

エレナとフレアのアオ救出作戦
二人が喧嘩して、サードエンジンが作動
アオを救出した帰りではサードエンジン停止
サードエンジンと二足の自立には関係性がある?

連合軍にいたマギーぽい女の子は、クオーツガンを使ったことによる過去改変が原因なのかな??

もうクライマックスまじかなのに、物語的にはほとんど進んでなかったと思います
アオ救出作戦も連合軍との戦闘なかったし、緊張感が全くなかったです

フレアにつれない態度をしていたガゼル・・・
あれ、フレア達をアオ救出にけしかけるための演技だったって・・・どういうことw
視聴者もあれは演技とは思わなかったよ


エウレカセブンAO 第17話 「ラ・ヴィアン・ローズ」 感想

クロエちゃん達が消えたのは、アオがクォーツ・ガンを使ったからだと判明
アオがクォーツ・ガンを撃ったことによって、その地域のスカブが現在どころか過去からも消滅してしまったので、その地域の住民のクロエ達もチーム・ゴルディロックスに入らない世界ができあがってしまったということ
ヨハンソンブックにも、スカブとシークレットによって歴史が歪んでいることを書かれていて、ヨハンソンとトゥルースも捻じ曲げられる前の世界が幻覚として見えていたみたいですね
トゥルースが本当の世界と言っていたのは、スカブとシークレットがいない世界だったのかぁ

パイドパイパーのアニメ
パイパイw
胸を強調するフレア、エレナの衣装がグッド
て、何で今までこのアニメの存在が浮き彫りにならなかったのだろう・・・
過去を改ざんしたことによる影響か・・・?
パワーパフガールズの絵柄だね
プロパガンダアニメ・・・自虐過ぎるw

スカブの上にいた作業員、デモに巻き込まれ、スカブから落ち死亡
スカブから現れたナルが彼をスカブに取り込み、生き返らせるが・・・
うん、これってスカブに死んだ作業員入れて、違う次元から生きている作業員持ってきたんじゃないよね・・・

クォーツ・ガンの暴走に、ガンが欲しいトゥルースのとの対立
逃げればいいのに、連合軍と戦えないという理由で彼らに捕まるアオ・・・
謎が謎を呼びますね


エウレカセブンAO 第16話 「ガーディアンズ・ハンマー」 感想

オリンピックのための2週間のお休みのためにもう既にどんな番組だったか忘れてしまっている私

そう言えばスカブの再活性化によって、シークレットが世界各地に現れ、それらを一斉に仕留める作戦を社長のブランが唱えたんだったよね??
シークレットは、世界の異物であるスカブを排除しようとしてあらわれた存在
社長ブランは、これまでにゲネラシオン・ブルの集めたクオーツを使い、シークレットを集め北極で爆撃する計画を行うものの、トゥルースの妨害により、クオーツを入れていたロケットの進路が逸れ、住んでいる人がいる地域へロケットが移動してしまう
フレアがロケットを背負い移動していたものの、サードエンジンがうまくかからず、サードエンジンを使用出来るアオが交代

アオは母であるエウレカの時空移動が自分にでもできると信じ、絶体絶命の中、作戦を遂行する
アオはシーククレットを人のいない地域へひきつけながら、クオーツのロケットの外装が壊れても、クオーツを掴みながら空へ上がる
すると、クオーツが変化し、巨大なキャノンへ
アオはそれを追ってくるシークレット達に向かって撃ち撃退するが・・・

シークレット撃退後の世界では、チーム・ゴルディロックス及び彼らの故郷の地域は人が元より住んでいない地域になっていて・・・

元より世界の謎が分かっていない上に、事象の書き換え、もしくは平行世界を移動できるという、分けが分からないアオの能力が発動
アオの能力はクオーツを使って、世界線を移動できるというものなのかな・・・?
作戦名「ポラリス」シークレットを北極に集めて殲滅させる作戦が失敗し、チーム・ゴルディロックスの故郷が巻き込まれてしまったから
人への被害がない様に、チーム・ゴルディロックスの故郷に元から人が住んでいないという世界線に飛んできたというような感じ???




エウレカセブンAO 第15話 「ウォー・ヘッド」 感想

シークレットの言葉の解析に成功した日本軍
言葉が理解できるかの質問で、あのタイミングでのYESはないよw
そのことに驚愕するマスコミ関係者の盛り上がりに、え?ってなった視聴者は私だけではないはず

結局、シークレットは宇宙で害を為すスカブコーラルを殲滅するために現れた免疫システムみたいなものというお話に落ち着きましたが、
スカブがどう宇宙に害を為しているのか、シークレットであるトゥルースの件もありますし、謎がまだ山積みですね



エウレカセブンAO 第14話「スターファイアー」 感想

エウレカセブンAOも2期目突入と言うことで、OPが代わって、FLOWが歌う「ブレイブルー」
どこかで聞いたような感じがすると思ったら、前作のOP「days」を歌っていたFLOWじゃないかー
めちゃ懐かしいです。

全裸で時をかけるナルさん
スカブコーラルを使って、時空を横断して、「全てが分かった」
視聴者は全然わかんないよーーー
何で全裸なんだよ。全裸なのに、大事なところは隠れているんだよw
そして、何故、全裸で元の磐戸島に戻るんだよ。服着ろよ・・・

そんなこんなで、エルレカを元の世界へ戻すために、シークレットの出てきた光の柱へ戻そうとするアオでしたが、
トゥルースだけじゃなく、何故か、エウレカに憎しみを持ったエレナや出現してきたシークレットにも狙われる始末
エレナちゃんは、何故エウレカに恨みを持っているのか・・・
エウレカが光の柱の中へ戻る去り際に、おなかの子は女の子だと言っていることから、エウレカの子供はエレナなの??
だとしたら、子供が過去に飛ばされているのに、第二子のアオを作って、また子供を過去で産むって、不可解すぎるし・・・

ナルとの関係が完全に破綻して、2対のニルヴァーシュで対立する関係に
今のところ、トゥルース、ナルのどちらも理解しがたい行動をとっているのですが、これにちゃんとした理由が説明される時がくるのでしょうか


エウレカセブンAO 第13話「シーズ・ア・レインボウ」 感想

何て言うか、長い年月の末にエウレカ変わっちゃったな感がありありの13話でした・・・
私の知っているエウレカと違うよ・・・昔のエウレカは自分可愛さをアピールする娘じゃなかったのに、どうしてコウナッタンダw

アオの前に現れた月光号とオリジナルカラーのニルバーシュとそれに乗るエウレカ
彼女は、実験の最中にスカブを通じてこの世界に来たとのこと
彼女の口から父親の名前「レントン」の名が出ますが、このイチャぶり・・・何だかな・・・
前作と話は通じているみたいですが、彼女の性格が全く受け継がれていないのが・・・
実験は、レントンと一緒に行っているみたいですが、月光号だけをスカブに飲み込ませる筈だったのが、エウレカまで飲み込まれたのね
レントンの迎えも期待しているそぶりをするエウレカでしたが、レントンが現れるのは最終話近いでしょうね・・・

色々な話の回想から、彼女のおなかには赤ちゃんがいて、その赤ちゃんはアオであるということ
10年前に現れたエウレカは、この時代に現れた後のエウレカでこの時出会った人々の記憶を持っていたということが判明
月光号の製造年を見ると、1万年以上の未来に製造されたということが判明
エウレカは未来人なの!?

シークレットは敵ではないというエウレカの言葉
それが何を意味するのかとても気になりますね




エウレカセブンAO 第12話 「ステップ・イントゥ・ア・ワールド」 感想

まさかの月光号登場!?
アオの母親であるエウレカがいつか登場するのは、続編2期のお約束で分かっていたことですが、まさか月光号まで現れるとは
1期シリーズの赤いカラーリングのニルバーシュ、エウレカも登場でこれからの展開に期待できますね

お話のエピソードは人工衛星の軌道上でスカブコーラル出現
宇宙空間にスカブが出現しても、被害がないからほっといてOKということにはならず、
スカブとシークレットの接触でスカブバーストが起こり、地球にスペースデブリが降ってくるということで、チーム・パイドパイパーが宇宙へ進出
宇宙にはゲネラシオン・ブルの宇宙拠点プロテウス号があり、そこで停泊することになるチーム・パイドパイパー
プロテウス号はスカブから集めた、クォーツの貯蔵庫
そこで作戦行動を行う内に、アオはトラパーが肉眼で見えることを回りの人間に知られる

アオがニルバーシュの操縦をうまくできたのは、トラパーによる風の道がみえたからだったんですね

母であるエウレカが光の柱から現れた異星人ということも分かり、アオが異星人と呼ばれる理由がますます理解できるようになってきました

シークレットとの戦いと誤動作した日本の衛星のビーム攻撃によって、大気圏投突入を強いられたスカブとそこに落ちたアオの乗るニルバーシュ
耐熱装備をしていないニルバーシュが落ちてしまったら、熱によって消滅してしまうという、どこかの3倍3倍連呼するロボットものに爪の垢を煎じて飲ませたくなる熱い展開w
アオのピンチを助けたのが、ナルなのか??
アオが落ちたスカブの中から、宇宙船が出現・・・
この船は形からして月光号ーーー
そして、ニルバーシュとそっくりな形をした人型兵器がアオを率先
月光号をボードにして、大気圏突入ーーー
降下中は大気圏の熱によって、色が確認できなかったのですが、降りてみると、そのカラーリングは赤!!
オリジナルのニルバーシュと同じもの

オリジナルのニルバーシュから出てきたのは、大人なエウレカですが・・・
アオを見ての言葉が、何か彼の母親であるエウレカと違うような・・・
違う時間枠、違う世界のエウレカなのでしょうか・・・




エウレカセブンAO 第11話 「プラトー・オブ・ミラー」 感想

エウレカセブンAO世界観の謎が深まるばかりの11話でした
エレナとミラが同一人物なのは、これまで展開で理解していたつもりなのですが、
まさかミラがただの歌手じゃなくて、米国とイギリスのエージェントで、しかも、エレナとミラが同一人物じゃなくて、
エレナがミラのふりをしてゲンラシオン・ブルの情報を米国とイギリスに売っているだと・・・!?
そして、事のあらましは留まることを知らず、エレナは既に病死していていたって・・・???
全く、展開的には???なんですが、トゥルースが出てきて、超次元な戦いになるより面白かったです
うーん、異世界から、やってきたエウレカがいた世界の方が本物で、このAO世界は作られたものと言うことなのでしょうか・・・
とても気になりますが、それより、フレアちゃんにアオより気になる男がいるというのが・・・
ガゼルこと、キンジョウ・ジロウのことじゃないよね・・・orz
日本人(沖縄人?)なのに、正直自らをガゼルと名乗るのは、DQNすぎるんですが・・・




エウレカセブンAO 第10話 「リリース・ユア・セルフ」感想

パイドパイパーのチーム名はハーメルンの笛吹き男に由来していて、チーフのイビチャが名付け親
全くこれまで気にもしなかったチームの名前ですが、イビチャの人の先頭に立って、人を救出へ導きたいという表れなのでしょうか

アメリカのアリゾナがシークレットに狙われ、州知事のバリーと面会することになったレベッカとガゼル
バリーとレベッカは昔、ゲネラシオン・ブルの親会社であるPRカンパニーに所属していて、先輩後輩の間柄だった!?

謎が隠されているゲネラシオン・ブルにまだ親会社があるとは、とても謎が謎を呼ぶ会社ですね
そこから出向しているレベッカ、前に彼女に指示を出していた重役のスタンリーもここの関係者でしょうか?

人には反応しないというのがシークレットの定説
その定説を利用して、アメリカの歩兵隊がシークレットの攻撃を開始を予告
イビチャはそのことに違和感を感じ、歩兵隊の様子を見に行き、同じく違和感を感じたアオが同行することに

ここでも出てきたトゥルースさん
彼のよく分からない力でシークレットが現れ、歩兵隊はシークレットを攻撃開始
そのことによって、シークレットが人を敵と見なして、民間人をも攻撃し始めます
アオはシークレットによって目の前で人間が消失されていく恐怖でパニックを起こしますが、イビチャの指示で逃げることに

イビチャはシークレットに襲われている人々を助けるハーメルンの笛吹き男の立ち位置かと思われましたが、
パニックの中、シークレットの特性を見極めて、テントの中に隠れて、シークレットをやり過ごすというアイデアを見つけたアオが先頭を切って、彼らを逃がす立役者に

それにしても、シークレットにロケットランチャーだけで向かっていくイビチャがかっこよかったです
子供がハーメルンの笛吹き男だったかもしれないと言っていたイビチャでしたが、彼も十分に人を引っ張っていくハーメルンの笛吹き男だったと思います

それにしても、ナル・・・どこいったん??



エウレカセブンAO 第9話 「イン・ザ・ダーク・ウィー・リヴ」 感想

徐々に明かされていくシークレットの謎
まさか、シークレットがスカブコーラルを目指していくのではなく、クオーツと呼ばれるスカブコーラルの核に向かって進行していたとは・・・
そして、それを回収して集めるゲネラシオン・ブル社とは一体・・・
bdcam 2012-06-08 23-29-55-256

エウレカセブンAO 第8話 「ワン・ネイション・アンダー・ア・グルーヴ」 感想

父との関係のお話
ゲネラシオン・ブル社の社長の娘であるフレア・ブランは、自分の父親のことが許せない
というのは、過去交通事故で臓器を悪くしたフレアと彼女の母親、どちらか一人が臓器を移植して助かるという場面で父親が、フレアをとって、母親を見捨てたことからによる模様
父親が嫌がることをするために、パイロットをしていると、アオに言うフレア
でも、本当に父親が嫌いならば、父が顔を合わせない違う場所で生活していると思うし、実は父親に構ってほしいという心の表れなんじゃ・・・
bdcam 2012-06-01 23-55-37-627

エウレカセブンAO 第7話 「ノー・ワン・イズ・イノセント」 感想

今回は予想もできないネトラレ展開にげんなり・・・でした。
bdcam 2012-05-25 22-51-09-993

ゲネラシオン・ブル社に進入してきたトゥルース
彼は真実を求めているらしく、ゲネラシオン・ブルを徘徊し、遭遇したものに攻撃を仕掛けたり、そのことによって死者も出る騒ぎに
ゲネラシオン・ブルの地下には何かが隠してあるらしく、会社の重役?のスタンリーはレベッカに場合によってはその何かの処分と、IFOの移送を社長に内緒で行うように命令をする

エウレカセブンAO 6話 「ライト・マイ・ファイアー」 感想

見る番組間違えた・・・
って、これエウレカセブンAOだよね・・・
bdcam 2012-05-18 22-54-35-937

ミャンマー連邦共和国、ペルー共和国で謎の人物が不審な動き
麻薬製造密売組織?と政府を対立させ、組織を壊滅させたり、麻薬を売らせるために大統領をそそのかせたあげく、大統領を殺害したり
セールスマン、ゲリラ軍曹、少年兵、美女に姿を変えることができる、そいつは、目的が不明確ながらも、関わった人間に破滅を与える
連合軍のIFOアイゼンハワーを手から出したビームで落とすなんて、もう絶対見る番組間違えたんだ・・・
この謎の人物、絶対、白面の者だよw
誰かちょっと、獣の槍持って来てー

エウレカセブンAO 第5話 「タイトゥン・アップ」 感想

bdcam 2012-05-11 23-38-34-042
舞台は沖縄からスイスに!?
前回、母を捜してチーム・パイドパイパーに参加することを決めたアオでしたが、
トリトン号でスイスにあるゲネラシオン・ブル本社に到着
そこには沢山の人達が働いていて、チーム・パイドパイパーの他にもゴルディロックスというチームもあるのね

エウレカセブンAO 第4話 「ウォーク・ディス・ウェイ」 感想

前回、新たなるシークレット出現と、再びニルバーシュに乗り込んで戦いに赴こうとするアオという場面で終わってとてもその後が気になっていたエウレカセブンAOでしたが
今回は、シークレットとのバトルに、AOの世界観の説明と、AOの旅立ち、視聴者を飽きさせない展開ばかり
bdcam 2012-05-04 10-48-25-907

エウレカセブンAO 第3話  「スティル・ファイティング」 感想

ナルの父親に捕まり、拘束されたアオ
アオが島の人間に虐げられていた理由は、10年前にアオの母親エウレカが現れ、スカブコーラルが起こり、そのことにより、彼女が海巨人を怒らせたのではないかという根も葉もないもの
その子供もその噂の対象になり、異人の子だといじめられ続けてきたのですね
bdcam 2012-04-27 23-10-38-166

エウレカセブンAO 第2話「コール・イット・ホワット・ユー・ウォント」 感想

2話目にしてとうとう出てきた待望のIFOニルヴァーシュ
シークレットとのバトルシーンでは、どこかのロボットアニメには見習って貰いたいくらいよく動きまくるニルバーシュ
バトルシーンも良かったですが、地元の街を守るためにロボットに乗り敵と戦う、ロボットものではお約束のストーリーに好感が持てました
bdcam 2012-04-20 23-41-36-501

エウレカセブンAO 第1話「ボーン・スリッピー」 感想

めちゃ引き込まれる世界観
前作、交響詩篇エウレカセブンは違う惑星でのお話で日本は出てこなかったですが、今度のAOは沖縄の離島・磐戸島が舞台
2025年と近未来の地球??これが前作のエウレカとどうリンクしていくのかとても気になるところ
bdcam 2012-04-13 23-40-41-032

↑