積むゆとりがないブログ  -  カテゴリ:絶園のテンペスト  (1/1)

応援バナー(仮)

bunner_1500_500_hati.jpg

絶園のテンペスト 第5話  「全てのことには、わけがある」 感想

今週は、一体どういうことよ?っていう展開でした・・・

昔、葉風が隠した魔具を集めに回る真広と吉野
水族館に立ち寄り、鎖部 哲馬とバトルになりながらも、うまくかわした彼らは、強力な魔具を預けているという星村潤一郎のところへ行く
魔具を受け取る彼であったが、星村潤一郎から葉風は既に亡くなっているという話を聞くのだったが・・・

葉風が亡くなっているとしたら、真広と吉野と交信しているこの娘は誰?ということになるわけで、調べるためには、葉風がいるとされている無人島を探さないといけないわけで・・・
行くことができないので、つまりは証明ができないということになるわけで・・・

う、うん、葉風ちゃんが死んでいたとしたら、このアニメもうヒロインが全て死んでいないということになってしまうんですがw
ホモホモしいエンドに直行するしか、道が見えないよ・・・
いや、28歳無職エンドが残っているw

絶園のテンペスト 第4話 「罰あたり、ふたり」 感想

真広と吉野、彼らがどのようにして、友達になったかというエピソード
何か、この物語なかなか話が進まないよねと思っていたら、2クールとのこと
オリジナル回みたいなのですが、2クールもあるから、やれる技なのね

金持ちのお子の真広は親のこともあり周りの小学校ではクラスメートに煙たがられる存在
吉野も嫌がる彼の存在でしたが、真広が交通事故にあい、その真犯人を見つけることに協力して友人となってしまう
担任により、真広係にされた吉野はそれ以来、腐れ縁となって、中学、高校一緒に過ごすことになってしまうのだが・・・

小学生で犯人を即見つける吉野、コナンすぎるw
そして、その超頭脳派の吉野君を真広係に任命するあたり、この担任、才能を芽を摘み取る仕事の天才かも知れないw


絶園のテンペスト 第3話 「できないことは、魔法にもある」 感想

絶園のテンペストの世界観とか、魔法の概念とかが段々説き明かされてきた回でしたが、展開的にはほとんど進んでいないのかな

鎖部夏村との戦いに真広は苦戦
本物の魔法使いで中でも戦いのエキスパートの夏村に真広は勝てるはずもなく、持久戦で魔具を減らしていくだけ
真広のピンチに駆けつけた吉野は、ヘリの爆撃に合わせて、街から森へ逃げるのだったが・・・

物語で鎖部一族の魔法は、守りと速度UPしか使えないと説明がありましたが、のちのち鎖部一族ではない魔法使いとか出てきそう
でも、守りと速度UPあと癒ししか使えない魔法使いって、かなり地味
RPGで僧侶だけのパーティって、感じなんですが・・・

絶園のテンペスト 第2話  「彼女はとてもきれいだった、と少年は言った」 感想

真のヒロインは既に死んでいるし、孤島の魔女さんは、着崩れたシャツで薄着でいるというのに全くエロくないというのが難点

主人公達が魔法使いと戦うために得たアイテムは、魔女さんの魔力がこめられた魔法のアイテムの数々
それを身につけて念じるだけで、魔法が使えるなんて、何て便利なアイテムなの・・・

家に戻った兄貴は、魔女の力を借り、犯人の痕跡を調べ始める
調査の結果、妹を殺した犯人は、魔女さんと同じ鎖部一族のものと判明・・・
けれども、オチ的には、もう一人の主人公である吉野が犯人とかでないと、オチないと思われるんだけどな・・・
原作は全くそこまで進んでいないみたいなのだけれども、このアニメでは犯人が描かれることはあるのだろうか・・・

絶園のテンペスト 第一幕「魔法使いは、樽の中」 感想

NTRものなのかw

ストーリー的には
不破真広と不破愛花は仲の良い兄妹
真広の親友の主人公である滝川吉野は愛花に嫌われていた
そんな中、愛花は何者かに殺され、兄真広は愛花を殺した犯人を見つけるために、孤島に閉じ込められた魔法使いの力を借りて、世界を滅ぼそうとする魔法使い軍団と戦うというもの??

まさか、主人公が過去、不破愛花と付き合っていたとは・・・
真広との関係を変わらないものとしたいがために、彼女は主人公のことを嫌いなフリをしていたのかな?
そして、人物像を知るためにwikiを見てみたら・・・
衝撃の事実・・・
不破真広と不破愛花、義兄妹・・・
完全にネトラレものだろw

あと、他のツッコミどころは、エヴァンジェリン山本
自称無職の28歳の女性・・・
フロイライン山本・・・w
エヴァかよ!!
海洋堂のフィギュアかよ!!

孤島に閉じ込められた魔法使いの女性の名前
鎖部葉風・・・
漢字みたら分かりますが、放送だけでは、どう聞いても、博士としか聞こえないんですか・・・w

うーん、これからの主人公と兄貴のドロドロとした愛憎劇を期待するアニメですね

↑