積むゆとりがないブログ  -  カテゴリ:キルラキル (1/1)

応援バナー(仮)

bunner_1500_500_hati.jpg

キルラキル 第19話 「たどりついたらいつも雨ふり」感想

何ていうか、今回の一番の驚きどころは、宗一郎=纏一身だったということ
自らの肉体を改造しても違う人物として羅暁を欺いていた彼はすごいな

皐月様、流子さんが羅暁に敗北した1ヵ月後
四天王はヌーデイストにw
超展開過ぎるよ
まさか、あの衣装を着ているとは

蟇郡さん×まこのフラグが濃厚に
服に喰われたまこを救う蟇郡さんがカッコよかったです

羅暁に負けて以来、1ヶ月眠っていた流子さんが復活
しかしながら、羅暁の娘であり、自らも生命繊維で出来ていると知った流子さんは神衣・鮮血を着ようとせず、自分と同じ化け物と罵る始末
結果的に、纏一身も自分の正体を隠し娘を裏切っていたんだし、流子さんは誰も信じることができなくなったということなのね



キルラキル 第18話「夜へ急ぐ人」感想

急なフラグ建ちと回収に唖然としましたが、熱い怒涛の展開でようやく面白くなってきました
羅暁へ反逆を始めた皐月様、本能寺学園さえも、羅暁を倒すために作った皐月様の兵団だったとは!!
5歳の時に父親に真実を打ち明けられて、それ以来、母親を倒すことだけを考えてきた皐月様・・・
どんな出来た五歳児なんだよw

縫VS四天王は、パワーアップした四天王をも4対1で圧倒した縫でしたが、縫VS流子さんでは、焦りの表情を浮かべる縫

羅暁の娘であり皐月様の妹である女の子が、生命繊維の実験で失敗して亡くなったという唐突なフラグ

羅暁VS皐月様、首を落としても死なない羅暁
生命繊維で繋がっていれば、元のように再生できるって、生命繊維は万能だなぁ

皐月様はやっぱり噛ませ犬だった・・・
羅暁によってこてんぱんにやられた皐月様は純潔まで奪われる始末・・・えっ・・あ、神衣純潔ねw
やっぱり、あの趣味の悪いセーラー服は羅暁様のものだったのか・・・
神衣純潔を来た羅暁様は素手で流子さんの胸部をぶち抜き、そこから心臓を取り出しますが・・・そこには生命繊維が絡み付いているのです・・・
生命繊維と一体化する実験で亡くなった皐月様の妹が実は流子さんだったということですが・・・
今週1回でフラグ建て、回収まで全てやるとは・・・
もう2、3週延ばしてからのフラグ回収の方がよかったのでは・・・・

うーん、それにしても、流子さんの親父とされていた纏一身
どうみても、その風貌からおじいちゃんと言われていたから・・・
纏一身とは血のつながりがなかったということは、納得ですね

キルラキル 第17話 「何故にお前は」 感想

羅暁スタジアムで本能字学園大文化体育祭、開催
これまでの行事は何かと物騒な名称のイベントだったので、今度は増しなものなのかなと思われたのですが・・・
参加者に配られた礼服は、生命繊維で出来ていて、参加者は生命繊維へ変えられる実験体にされていたのです
って、もうイベント名がまったくイコールしないんですがw

ようやく今回大々的に登場した生命戦維「COVERS」側の人間、鬼龍院羅暁でしたが、即、皐月様に倒されてしまいます
実は本能字学園は、自分の母親とCOVERSの支配に抵抗するために皐月様が作った組織だったということが判明
うすうす皐月様は何か目的を持って、戦闘集団を作っていたとは思いましたが、まさか母を打つためだったのは、王道ですが面白いです

しかし、羅暁が物語の黒幕とも思えないわけで、生命戦維が人の進化も操ったのならば、皐月ママも操られていることになるので、神衣純血を着ている皐月様もやがては操られるのではないかと思います

黄長瀬紬の姉、絹江は生命戦維の試着実験中に死亡・・・
何かこの下りゲッターロボな感じですね


キルラキル 第16話「女はそれを我慢できない」感想

冒頭でいきなり総集編宣言
アニメで総集編は自分自身受け付けないので、飛ばそうかと思っていたら・・・
アバンで終わる総集編w
これ総集編というか、ネタですね
いや、ネタ的に、ずっと鮮血が早口で喋り捲る総集編でもよかったヨw
そして、着せ替えOP
流子ちゃんだけではなく、皐月様も四天王も七変化するんですね

今回、これまでの色々な謎が解明
人間は、服によって進化を促されていた!?
宇宙から来た原初の生命繊維!?
生命繊維は人間に寄生して地球の頂点に立とうとしている!?

全ては、皐月様のママンの策略みたいなのですが、やっぱり最終回は皐月様がママンを裏切り、本能寺学園VSママン原初の生命繊維という展開になると予想



キルラキル 第15話 「どうにもとまらない」感想

皐月様VS大阪と思いきゃ、大阪は倒され、皐月様VSヌーディストの戦いに
新型三ツ星が製作され、四天王は新しい形態!?
クライマックス的な怒涛の展開、飽きさせない急ピッチなテンポ
バトルの結果は、皐月様の抵抗勢力として大阪の地に隠れていたヌーディスト達が燻りだされて、壊滅
次回からは新OPと言うことで、更なるお話に期待です

キルラキル 第14話 「急げ風のように」感想

襲学旅行ということで神戸、京都、大阪が本能字学園に襲われる
前回縫にやられ、鮮血をバラバラにされた流子ちゃんでしたが、スカーフー鮮血の目の部分は持っていて没収を免れたのね・・・
まあ、それはそれとして、ハサミも没収を免れたの!?
あのハサミを結構なキーアイテムだと思うのですが・・・
襲学旅行に行く生徒の強化ということで、鮮血のきれっぱしを個々に与えた皐月様
前回それを徐々に取り戻していく展開を予期していたのですが、回収早すぎw
1週にして、残りのパーツが一枚!?
何か来週は皐月様とのバトルが始まる予感が・・・

キルラキル 第13話 「君に薔薇薔薇…という感じ」感想

まさかの襲学旅行
四天王を倒したら全国制覇って、よくある国取りシュミレーションゲームの展開ですね
四天王は前回のジャージのまま・・・
ジャージはジャージ部思い出すからやめて・・・w

前回の暴走の件で引き篭もっていた流子ちゃんでしたが
元新聞部の新キャラ登場に感化されて復活と思いきゃ、新キャラはヌイちゃんでしたw
前回の因縁もあって、再バトルしましたが、あっさりとやられる流子ちゃん
通常、再バトルしたら謎の力が発動して、主人公が勝つというのが暗黙のおやくそくなのに、この展開は読めませんでした
鮮血は細切れにされ、皐月さんがそれを持って行き、襲学旅行の生徒達に渡します
うーん、これは、キン肉マンでいうところのミート君の身体を集める的なバトルになるのかな・・・
それに下着姿になった流子ちゃんは来週は服を着ているのかも気になるところ

キルラキル 第12話「悲しみにつばをかけろ」感想

結局、針目縫が流子さんの親父さんを殺していたのね
何の謎もなかったよ
針目縫とのバトルで我を見失って暴走する流子さん
強敵とのバトルで暴走するとか、王道的な展開でした
親友のまこの説得?によって、暴走が解けるとかも、王道ですね
2クールアニメですが、キルラキルのこれからの展開がとても気になります
学園の敵がもういないから、皐月ママからの刺客が毎回やってくるパターンに移っていくのかな




キルラキル 第11話「可愛い女と呼ばないで」感想

おやくそく通りの展開でしたね
蛇崩乃音戦は、乃音ちゃんが二段変身で粘りましたが、鮮血無拍子によって倒され
そして、四天王最後の猿投山渦とのバトルは、新キャラ針目縫によって邪魔され、猿投山はあっけなくやられてしまいます
猿投山が四天王最終ということで、先週から予想できた展開
針目縫が流子ちゃんの親父を殺した片太刀バサミの女ということが分かりましたが
どうみても、流子ちゃんが見た片太刀バサミの女の後姿のシルエットは、皐月様ですよねー
やっぱり、今回登場した皐月様の母親、鬼龍院羅暁が似たシルエットということで彼女が犯人ではないのかと思います



キルラキル 第10話「 あなたを・もっと・知りたくて」 感想

VS犬牟田宝火
過去のハッカーだった頃の犬牟田はまだまともだったのに、皐月様に関わってやっぱり変態になってしまった彼
皐月様は、色んな人間に悪影響を与えているよ
三つ星極制服 探の装で自分の身体に付いているキーボードを打つ姿、きも過ぎるよ・・・
まさかの棄権の犬牟田

四天王ごとに1話バトルをやると思っていたら、今回四天王2人と戦うのね

VS蛇崩乃音
お約束の全裸変身シーンが今回女の子と言うことで期待していましたが・・・
うーん、ナイスバディの女の子ではないので微妙すぎる・・・
そして、変身後の三つ星極制服 奏の装・プレスト・・・
デンドロビウムじゃないかよ・・・w
空飛ぶデンドロビウムに対抗して、空を飛んだ流子さん
もう完全にグレンラガンと同じ流れだ
これ、もう流子さん最後には宇宙にも行ってしまうかも知れない・・・

来週の見所、戦維喪失をされる乃音ちゃん
それと、新キャラの女の子が出るみたいなので、その変身シーンにも期待です
野郎の変身シーンはもう要らないよw


キルラキル 第9話「チャンスは一度」 感想

蟇郡さん、もう2フォームの三つ星極制服 縛の装、死縛の装両方とも酷すぎるものw
ドMな縛の装にドSな死縛の装、ボールギャグを咥えて、もうやりたい放題ですね
縛の装から死縛の装に変るために、自分自身を痛めつける行為って、完全にアウトだろーーw

蟇郡さんの2フォームを破るために、変身を解いて、縛の装に飛び込む流子さんでしたが、内部で新たな変身、鮮血閃刃で蟇郡さんを破ります
どうみても、鮮血閃刃、グレンラガンのフルドリライズですね
そして、戦維喪失で、三つ星極制服を失いマッパになる蟇郡さん・・・
円盤では白いモヤが消えるのかな・・・ドキドキ

それにしても四天王戦、1人で1話割くのかな
一番最後に戦う四天王は猿投山ということで、リベンジ戦は一番最後と、ドラマ的には盛り上がる展開になっていますね



キルラキル 第8話 「俺の涙は俺が拭く」感想

まさか、生徒会四天王の蟇郡苛の歳が20歳だったとは・・・w
なんか、めちゃめちゃでしたが、熱い展開でした
突然行われた本能字学園生徒会の体制を白紙に戻す壊惨総戦挙
開始から7日間はどの階層の生徒にも攻撃をすることを許され、7日後に生き残ったもの達は校庭での決戦闘兵に参加することができ、そのうち5人が戦うことができるのですが、どう見ても制服の星の数で戦闘能力は上下は決まるので、何か盛り上がらない戦い
生徒会四天王せめて、極制服脱ごうよ
3つ星極制服なら、マッパVS鎧着用の戦いくらい差があるよw

決戦闘兵に残ったのは予想通り、四天王と流子さん
決戦闘兵の催し物として、四天王と流子さんの一対一の戦いが行われようとしますが、4VS流子さん一人ってどうみても流子さんが不利すぎ
次回流子さんは四天王に勝てるのでしょうか・・・


キルラキル 第7話「憎みきれないろくでなし」 感想

毎回コレステロールが上がりそうなやばそうな晩御飯に、そして、お弁当
このマコの母親の謎の揚げ物、コロッケだったことが判明

学園では色んな部活に狙われる流子さん
色んな部長に狙われる理由は、流子さんと戦って勝つと3つ星極制服がもらえる事と、住む場所やら、お金やら、社会的地位がアップするからなのですね
色んな部活に狙われることに頭に来た流子さんは、喧嘩部を立ち上げ、満艦飾マコを部長にします
狙われる立場だった流子さんは今度はこちらから、狙う方へ移りますが・・・
満艦飾マコを部長にしたことによって、社会的待遇が変ってしまった満艦飾家
スラム街に住んでいた彼らは、高級マンションに住んで、贅沢な暮らしをやりたい放題
マコも贅沢な生活を守るために、喧嘩部部長の役目を果たします
流子さんは、贅沢な暮らしがために家族がバラバラになったことを悲しみます

とうとう4天王との対決に至るまでのし上がった喧嘩部でしたが
その直前に流子さんが退部届けを出し、マコと流子さんが仲間割れ
その様子を見た皐月は、マコに喧嘩部特化型二つ星極制服を与えます
まさか、マントをつけたマコちゃんのガイナ立ちが見られるとはw
贅沢な暮らしをかけた流子との勝負
マコの苦悩はなんとなく読み取れますが、その応援をするマコの家族の本当に酷いことw
「憎みきれないろくでなし」ホントサブタイ通りです

変身を解いて、勝負をマコの意思に任せた流子さんでしたが、マコの攻撃は止むことを知りませんw
最終的には、マコが自意識で攻撃をやめるのですが、マコちゃんどんだけ無抵抗な人間を殴るんだよw

マコの裏切り、その家族の裏切り、もうこれは元の家族に戻れないだろと思いながら見ていたのですが・・・
戻っているだとw
あっさり、元のスラム街で仲良く暮らしている満艦飾家
相変わらず、不味そうなコロッケ何ですが、美味しそうに見えるのは何故なんだろう


キルラキル 第6話「気分次第で責めないで」 感想

ほんと、酷いアバンだこと・・・
前回の制服ゲリラの黄長瀬紬と美木杉愛九郎がつながっていることを知った流子は、愛九郎に尋問するが、愛九郎は服を脱いだり、ビーチクを出したりとやりたい放題
謎の組織の名前、ヌーディストビーチを語ろうとするが、流子はそれを信じようとしないw
もう何ていうか、これこそ湯気で隠してくれた方が良かった
もうBD購入特典で湯気を無くして上げればいいのに・・・w

とうとう四天王とのバトル開始の流子さん
バトルの相手は運動部統括委員長の猿投山渦
元どこぞの番長だった彼は中学時代に皐月に負けて彼女の傘下に加わった模様
それにしても、気合だけで猿投山渦の部下を倒す皐月さんすごすぎ

それにしても、今回のバトル斬新なストーリーでした
主人公が負けて、再戦で勝つというのは、ありきたりなんですが
今回は、流子ちゃんが初回で勝って、再戦してきた猿投山渦に負けるというもの
負けてから、最後逃げると言うのは、もう流子ちゃんのお約束ですねw
流子ちゃん負け癖が付いてきているよー

流子ちゃんは、猿投山渦の心眼通に勝つことができるのでしょうか


キルラキル 第5話「銃爪」感想

ヌーディストビーチから来た刺客は黄長瀬紬
えらいまた、酷い謎の組織ですw
彼は園芸部長の2つ星能力、パックンフラワー的な何かを打ち破り、流子さんにも襲い掛かります
彼の針攻撃は神衣の力を抑え、変身さえもといてしまうという能力
流子さんは足も手も出ずに負けてしまい、再戦するも負けてしまうのですが・・・
今回は、鮮血と互いに仲間だということを意識して、庇い合う成長回でしょうか
2回戦い2回とも負けてしまうのは、2クールあるアニメだからできる荒業ですね
1クールだったら、再戦で勝ってしまうパターンですからね
黄長瀬紬は神衣を誰かの仇だと思っているみたいですが、流子さんの母親あたりがこれに当たるのでしょうか?
流子さんの家族、マジンガー的なおじいちゃんの口頭図しか出てないのでまだまだ謎がありますね

キルラキル 第4話 「とても不幸な朝が来た」 感想

朝早くに叩き起こされ
ノー遅刻デーと言うことで、早朝から学校へ登校することになった流子ちゃんとマコ
星がない生徒は、遅刻しただけで退学になるのが本能字学園の生徒の決まり
学園に向かう道にはトラップが施してあって、どうみてもコレ、風雲たけし城じゃ・・・w

大暮麻衣子というクラスメイトが出てきますが、どうみても怪しすぎ
3人力を合わせて、トラップを切り抜けてみれば、やっぱり麻衣子はあっち側の人間だったのね
神衣は誰でも着れるが、真の力を発揮できるのは、神衣に認められたものだけと言うことなのでしょうか
流子ちゃんは無事学校へ登校できたのですが
不思議に思うところは、流子ちゃんのクラスの他の同級生、無事登校できている・・・
あのトラップで無事登校できる無星のクラスメイトすごすぎだよw

キルラキル 第3話 「純潔」 感想

幼女の頃の皐月様、めちゃ可愛い
こんな幼女がゴリラ顔のおねいちゃんになるなんて・・・

極制服、生命戦維の混入率によって星の数がが変ってきて生命戦維100%なのが神衣なのね

皐月様も流子ちゃんに対抗して、純潔という神衣を着ますが、何ていうかまた何か顔の迫力に負けて、覚醒したセクシーな姿が残念な感じに・・・
このキルラキル、設定路線は変更せずに、キラデザを前面変更した方が良かったんじゃ・・・
美しい感じの皐月様に、萌えろ路線の流子ちゃんの方がよかったと思います

2人の変身シーンで、乳揺れが起こりますが、嬉しくないのは、やっぱりキャラデザのせいか・・・
皐月様、変身後はお尻丸出しなのに・・・

ラスボス皐月様が3話で登場
パワーの違いを流子ちゃんは感じますが、恥を捨て、神衣を纏うことを覚え、即覚醒
皐月様と互角になります・・・
でも3話で覚醒って、どんなパワーインフレなんだよ
これ2クールなのに、この後どうなるんだ・・・
2つ星や3つ星と戦って、レベルアップして、最終皐月様と戦うと思っていたのに・・・

キルラキル 第2話「気絶するほど悩ましい」 感想

どう見ても男にしか見えない生徒会長
女というか、ゴリラ顔ですよね

満艦飾一家、ノリ的にバカボンファミリーみたいな感じですね
マコの母のミミズ入りの揚げ物は・・・声つながりでー福井裕佳梨ーグレンラガンのニアの料理が思い出されます
薔薇蔵、親父さんは何て名前なんだw
登場シーンは、薄い本が厚くなるよ

生徒会は、制服で世界制服を狙う
流子ちゃんの親父さんの想像図は、どうみても、マジンガーの博士じゃないか・・・w
テニス部長と戦うも流子ちゃん、即負け・・・
流子ちゃん、基本弱いのねw
担任の先生は事情通みたいだけど、眼鏡を取るとイケメンで服を脱ぐw
乳首券発行・・・って、野郎の乳首って、全く嬉しくないよ

テニス部長、函館臣子とテニスバトル
ダンガンロンパ的な処刑をされていたマコちゃんを助けるために、流子ちゃんは戦うのですが、
流子ちゃんの変身シーンも特に用意されてないのね
セクシーな変身バンクが欲しかったです

この調子で2クール続くのか
生徒会の刺客を倒していくだけで、ストーリー的には進まないような気がしますね

キルラキル #01「あざみのごとく棘あれば」 感想

うーん、1980年代の古い雰囲気があるアニメです
勢いがあって面白いですが、正直今の時代では売れないだろうなと・・・

親父を殺された纏流子ちゃんは、本能字学園へと転校
本能字学園では、極制服という制服を取り仕切る生徒会がのさばっていて、制服に与えられた星の数の多さで能力とランクが決まっている
流子ちゃんは、生徒会に反逆するものの、返り討ちにあい、自宅跡へ逃げ戻る

流子ちゃんの自宅は既に片太刀バサミを持っていた謎の親父の仇に燃されて、焼け跡になっているんですね
自宅跡で佇んでいた流子ちゃん
突然床板が開いて地下へ落下
そこに待っていたのは喋る黒いセーラー服
セーラー服は、流子ちゃんに血をよこせと、自分を着ろと服を脱がせるのでしたが・・・

微妙なお色気展開に持っていくのも、古いアニメの気質かな
このセーラー服、某平面ガエルのような立ち居地にいるような感じがしないでもない
そして、バトルモードに移行したセーラー服は、デビルマンレディを思い出すようなセクシーさが漂っています

ボクシング部の部長の声は岩田光央さんだったのね
初っ端のやられやくとして最高でした

物語としては、毎回色んな能力を持つ敵キャラが出てきては、流子ちゃんが倒していくという定番なバトルものになっていくのでしょうか

↑