積むゆとりがないブログ  -  2010年01月 (1/1)
FC2ブログ

応援バナー(仮)

捻くれモノの学園青春物語〜俺と彼女の裏表〜 応援中!

ワンフェス2010冬、グッスマの販売商品。

WONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!! 11
figma 平沢 憂 制服ver.
ねんどろいど けいおん!澪&律ライブステージセット
ねんどろいど 雪ミク
!?
figma平沢 憂はどうでもいいけど、
ねんどろいど けいおん!澪&律ライブステージセット
ねんどろいど 雪ミク
が欲しいよ。
けど、東京なんか行けないから、行けても、こんなものは瞬殺らしいから、前の日から並ばないといけないらしいから、グッスマは良心的なので、受注通販してくれるから、それを待つ予定。

律はおまけだろとは、口が裂けても言ってはイケナイヨ。

これなら、次のワンフェス2010夏で、別のけいおん!ねんどろいどライブバージョンが出そうだよ。

おおかみかくし 第2話 「兄妹」 感想

クラスでは、小笠原君の転校はなかったかのように、九澄博士の謎のモテ期は続く。
博士は、そこのことを不審に感じる。他の土地から来た朝霧かなめもそのことに疑問に感じていたが、この土地の独特の感性じゃないのかということに結論を付ける。
博士の家へ遊びに行こうということになった五十鈴とかなめは五十鈴に兄、一誠と出会い、彼の一緒に博士の家に行くことになる。
女の子にモテる美男子の一誠にも、博士は、気に入られ、博士のどこがいいのかと、疑問に思うかなめ。
物語の裏では、例の謎の仮面の組織が人を狩っています。

bdcam 2010-01-15 22-46-14-067
bdcam 2010-01-15 22-46-23-959
bdcam 2010-01-15 22-47-29-694
bdcam 2010-01-15 22-47-50-093
bdcam 2010-01-15 22-49-00-288
冒頭から、よく喋る博士(ひろし)のお父さん役の声優、藤原 啓治。(野原ひろし)だと、いうつながりにw
そして、最後まで見て、次回予告をみて・・・。
ちょ、おまっ
bdcam 2010-01-15 23-09-43-708
bdcam 2010-01-15 22-49-33-153
すごいモテ期、もう大変ね。

デュラララ!! 第二話 「一虚一実」 感想

来良学園の入学式が始まり、1話目で見た面々OP映像のキャラクター集う学園。
そんな中、神近莉緒、前回の悪い集団に拉致されたハンドルメーム、マゼンダさんのお話にピックアップされる。

マゼンダさんは、匿名の人物の写真により、父親の浮気を知り悩み、その写真を自宅のポストに入れ、母親に暴露しようとしたが、母親はそれに反応を示さなかった。何も変わらなかった、家族の関係。それを気持ち悪く感じた彼女は、ネットで知り合った折原 臨也に誘われ、一緒に死のうとするが、待っていたのは、前回の彼女を拉致した3人組だった。
そして、3人組から彼女を助けた謎の首なしライダー。ライダーは運び屋で、彼女を彼女を待つ人間のいるビルへと連れて行く。
彼女を待っていたのは、折原 臨也。
彼は、3人組で彼女を襲わせた犯人であり、首なしライダーを使って彼女を救わせた犯人でもあった。
彼の目的は、人間観察であり、彼女の絶望する様子、安堵する様子を見たかっただけだと言う。
神近莉緒、ビルの屋上から飛び降りるが、それを助けたのは、またもや首なしライダーだった。

bdcam 2010-01-15 21-34-41-923
bdcam 2010-01-15 21-34-54-472
bdcam 2010-01-15 21-35-43-025
bdcam 2010-01-15 21-37-03-705
bdcam 2010-01-15 21-37-11-041
bdcam 2010-01-15 21-38-38-708
bdcam 2010-01-15 21-38-24-028
bdcam 2010-01-15 21-37-37-675
bdcam 2010-01-15 21-38-50-184
OPに前回のあらずじが語られているのに驚き。新しい手法。
それにしても、神近莉緒、折原 臨也に会いに行く前に、髪型と眼鏡を変えたのか、前の方が良かったのに。
首なしライダー、首がないので、携帯の画面で文字会話。
全てを見透かされて絶句している姿が見たかったからと言う理由で、自作自演を行ったデュララギさん(折原 臨也)ドSすぎです。
そして、謎の力を使って、ビルから飛び降りた彼女を助けた猫耳ライダー。あなたが思ったほど、この世界はひどくないからと言う携帯画面のメッセージ。この物語の唯一の癒され所。

猫耳ライダーを使って、自作自演を行ったデュララギさんだったが、彼らは仲間ではなく、何か敵対している感じ。
これからも、このようにひとりひとりピックアップして、物語が進んでいくのかな。
↑