積むゆとりがないブログ  -  2010年08月 (1/1)
FC2ブログ

応援バナー(仮)

捻くれモノの学園青春物語〜俺と彼女の裏表〜 応援中!

今日の購入物、Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)PC版!?

2009年10月15日にXbox 360用に発売されて、面白いと話題だったシュタゲ。
欲しかったんだけど、エックスボックスなんて持ってなかったからスルーだったけど、PCに移植されると聞いて楽しみにしてました。
今日は仕事なので、ファンネルに買ってきて貰いました。
ありがとう。ファンネル(弟)
2010_08260004.jpg
2010_08260008.jpg
祖父で予約して買ったので、よく分らない特典が付いてきました。
メモ帳?ノート?下敷き??

最近のPCゲームは、インターネット認証なのか・・・。
中古屋に売れないじゃないか・・・。

頑張ってプレイします。
アニメ化も楽しみですね。

■ストーリー
岡部倫太郎――通称オカリン――は、いまだ厨二病から抜け出せない大学生。
自称『狂気のマッドサイエンティスト・鳳凰院凶真』を名乗っている。

『未来ガジェット研究所』という、メンバーわずか3人だけの発明サークルを秋葉原に構え、
ヘンテコな発明をする日々を送っていた。

そんな彼らが新たに発明した未来ガジェット8号機『電話レンジ(仮)』には、
偶然にもオカリンたちが意図しなかった驚くべき機能が隠されていた。
なんと過去へと電子メールを送れるというもので、すなわちこれはタイムマシンだったのだ。

タイムマシンについて調べていくうちに、『SERN』という欧州の研究機関が、
ミニブラックホール生成実験に関連してタイムマシンを作ろうとしているという情報を得る。

そんなある日オカリンは、アメリカの学術雑誌に論文が載ったという若干18歳の天才少女、
牧瀬紅莉栖と出会う。

だがオカリンは、その牧瀬紅莉栖が数時間前に殺害されているのを目撃していた。
いったいなぜ、牧瀬紅莉栖は生きているのだろう――。

SERN、ジョン・タイター、幻のレトロPC『IBN5100』、タイムマシン、バタフライ効果、タイムトラベルにおける11の理論――。

いくつもの要因が偶然に重なり合ったとき、秋葉原に本拠を置くサークルのメンバーたちに、
世界規模の“未来への選択”が委ねられた。



HEROMAN 第22話 「メモリーズ」 感想

ジョーイの父親は炭鉱で火事が起こったときに、みんなを先導して助け、その際に亡くなってしまった。
炭鉱の仲間は彼のことをヒーローと呼ぶが、姉のホリーは、亡くなり、家族をないがしろにした親父をヒーローと思わない。
そのことで喧嘩したジョーイとホリーは、親父が、炭鉱ヘルメットの中に家族写真をいれて大切にしていた人物だと分かり、彼が家族想いだったということを知るのだが・・・。

だから、ホリーは家族をないがしろにしていた親父を恨んでいるのだけど、四年前に婆ちゃんと9歳のジョーイを置いて、家を出て行ったホリーにはそういうことを言う権利はないわけで・・・。何かやっぱり、ホリーはやっちゃった感があるわけで・・・。

ゴキ改造された兄貴の再来に戸惑うリナ。
兄は、ジョーイに近づくなといい出て行ってしまうが・・・。

兄貴が、ゴキに心を売ったというのはないと思えるので。
敵と仲良くするなということではなく、別勢力が、ジョーイと戦うことになるので、近寄るなということかな??

それはともかく、ジョーイはお母さん似でよかったよ。
親父の遺伝子はうけついでないな・・・。






bdcam 2010-08-26 22-17-42-585
bdcam 2010-08-26 22-15-08-072
bdcam 2010-08-26 22-18-00-733
bdcam 2010-08-26 22-18-15-994
↑