積むゆとりがないブログ  -  2012年06月 (1/1)
FC2ブログ

応援バナー(仮)

捻くれモノの学園青春物語〜俺と彼女の裏表〜 応援中!

ZETMAN 第13話 「葬列」 感想

何ていうか、完全にやっつけ感満載な最終回でした
もうまとめるために話を叩き込んだみたいな・・・

灰谷の狙いは、ジンの心もゼットという化け物にしてしまうということ
灰谷の策略に乗せられて、アルファスは、花子を殺してしまう
怒りのあまり我を忘れ、コウガに攻撃を加えるとか思いきゃ、ジンは灰谷を狙い戦います
灰谷の策略に乗らずに、人の心を失わなかったジンは灰谷を倒しますが、コウガは暴きの輪を持ったジンが存在することは、プレイヤーという化け物が暴挙に出る可能性があると、ジンを始末しようとします

灰谷が何故、ゼットを完全体にしたかったのか、よく分からない疑問が残ります
コウガの正義は守る対象が家族ではなく、これといった相手がいないのが何か悲しいところ
アルファスの仮面をとったコウガはもはや、悪役のその顔だったし・・・
花子さんは、プレイヤー化したまま、コウガにやられて、全く見せ場がなかったし・・・本当に何だったんだろう・・・
ヒロイン?な小葉も見せ場がないし・・・
何か全ていまいち感が。。。







↑