積むゆとりがないブログ  -  キルラキル 第6話「気分次第で責めないで」 感想

応援バナー(仮)

キルラキル 第6話「気分次第で責めないで」 感想

ほんと、酷いアバンだこと・・・
前回の制服ゲリラの黄長瀬紬と美木杉愛九郎がつながっていることを知った流子は、愛九郎に尋問するが、愛九郎は服を脱いだり、ビーチクを出したりとやりたい放題
謎の組織の名前、ヌーディストビーチを語ろうとするが、流子はそれを信じようとしないw
もう何ていうか、これこそ湯気で隠してくれた方が良かった
もうBD購入特典で湯気を無くして上げればいいのに・・・w

とうとう四天王とのバトル開始の流子さん
バトルの相手は運動部統括委員長の猿投山渦
元どこぞの番長だった彼は中学時代に皐月に負けて彼女の傘下に加わった模様
それにしても、気合だけで猿投山渦の部下を倒す皐月さんすごすぎ

それにしても、今回のバトル斬新なストーリーでした
主人公が負けて、再戦で勝つというのは、ありきたりなんですが
今回は、流子ちゃんが初回で勝って、再戦してきた猿投山渦に負けるというもの
負けてから、最後逃げると言うのは、もう流子ちゃんのお約束ですねw
流子ちゃん負け癖が付いてきているよー

流子ちゃんは、猿投山渦の心眼通に勝つことができるのでしょうか


関連記事

コメント


トラックバック

キルラキル 第6話 「気分次第で責めないで」 感想

四天王がここまで強いとは……。 敗北からの成長、猿投山は一気に化けましたね。 本能寺学園運動部統括委員長・猿投山渦。 本能寺学園四天王・猿投山渦。 紹介だけで時間が無くなる長い肩書の男・猿投山渦。  キルラキル 公式サイト シリウス(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)(2013/11/13)藍井エイル商品詳細を見る http://altria98.blog113...

2013年11月09日(土) 00時51分 | ひえんきゃく

流子さん相変わらず二つ星以上には勝てない運命 キルラキル 第6話「気分次第で責めないで」感想

「我々は『ヌーディストビーチ』だ」 「気は確かか?」 「我々の組織の名だ。『ヌーディスト・・・ビーッチ』」 反制服ゲリラ『黄長瀬 紬』に敗北し鮮血との絆を深めた流子だったが、自らを追い詰めた黄長瀬の存在には憤り覚え、事情を知る愛九郎を問いただすが明確な答えは得られずに終わる。 一方、これまで極制服の大量生産を控えていた皐月は、なぜか方針転換し極制服の大量生産を開始。 ...

2013年11月09日(土) 01時00分 | アニメ色の株主優待

キルラキル 第6話「気分次第で責めないで」

黄長瀬に襲われたものの何とか乗り切った流子は美木杉が居酒屋で話していたことを知り追及する! スラム街では顔が広い又郎に頼んで情報収集したようだけど写真勝手にばらまかれてますからねw 美木杉の隠れ家に運んだのも頷ける、生き死にの瀬戸際だというのにどういうことと怒る流子 しかしおかげで鮮血と流子の絆は深まり組織の一員であり戦いの結果真の相棒になったのだと 神威を手にした皐月に勝つためには...

2013年11月09日(土) 02時38分 | Spare Time

キルラキル 第6話 感想 - 今の流子の強さは「二つ星半」ぐらい?

キルラキル 第6話 「気分次第で責めないで」の感想です。 流子は皐月のレベルにはまだまだ遠い,か… 今の流子の強さは,二つ星以上三つ星未満の「二つ星半」ぐらいかなと。 現在の流子の力がどの辺りにあるか,猿投山 渦(さなげやま うず:檜山修之)との再戦によってハッキリ見えてきた回だったなと感じました。

2013年11月09日(土) 07時15分 | ひそか日記

『キルラキル』#6「気分次第で責めないで」

「俺は俺の力が存分に振るえると聞いてここに来た」 モヒカンこと黄長瀬が美木杉と知り合いだったことを突き止め、 美木杉を問い詰める流子。 だがいきなり美木杉に「ヌーディストビーチ」だと言われても、 変態だとしか思えず…(ぁ チクビがピンク色に光る野郎だなんて初めて見たわ…

2013年11月09日(土) 08時24分 | ジャスタウェイの日記☆

キルラキル 第6話 11/9 あらすじと感想 #Kill_la_Kill #キルラキル

 流石、四天王、骨の在る人物。  冒頭は、美木杉先生に詰め寄る流子ちゃんの姿。又郎くんを使って、黄長瀬の行方を探させた結果、黄長瀬と美木杉先生が合っている写真が入手できたらしい。流子ちゃんの尋問に、美木杉先生は脱衣しなが、組織の名前、ヌーディストビーチを口にするが、流子ちゃんは勘違いして、飽きれて去ってしまった。  その頃、本能字学園では二つ星極制服の量産を開始していた。四天王の...

2013年11月09日(土) 13時29分 | ζ[ZETA] Specium blog

キルラキル TBS(11/08)#06

第6話 気分次第で責めないで 美木杉に黄長瀬との関係を問いただす流子。そして生命戦維とは何だ?流子には訪ねたい事がたくさんあった。ヌーディストビーチ。お前に真面目な事を訪ねた私がバカだったと呆れて帰る。 地下裁縫室に大量の生命戦維が搬入される。以前は極制服の生産を了承しなかった皐月。流子の出現が皐月を変えたのか? 猿投山は自分の力を試したいと流子と戦うつもり。四天王は戦闘を控えろと皐月から厳...

2013年11月09日(土) 13時52分 | ぬる~くまったりと

キルラキル 第6話「気分次第で責めないで」

本能寺学園四天王の猿投山渦が流子に挑戦してくる。 あらゆる動きを見切る天眼通に苦戦するが、鮮血の一部で目隠しして、辛くも勝利する流子。 しかし、猿投山は覚悟を改めて再び挑んでくるが…。 四天王側の方が敗北からのリベンジという展開! 猿投山は敵にしておくのが惜しいキャラですね。  

2013年11月09日(土) 18時19分 | 空 と 夏 の 間 ...

キルラキル 第6話 『気分次第で責めないで』 奴は四天王の中でも最弱...から最強になるとは。

もう四天王バトル。既にラスボスと一線交えているだけに不思議じゃありませんね。猿投山の強さは腕っ節もさることながら異常に目が良いこと。だったら目を塞げば良いんじゃね?であっさり勝利。必殺・戦維喪失ってそれ技名だったんだ。 いくら負けるにしてもAパートでケリつくなんて流石に早すぎ。剣道家だけに心眼とか使えるのかと思ったらホント一芸だけだった。これじゃ皐月以外ホントに流子に勝てないだろ&helli...

2013年11月10日(日) 11時11分 | こいさんの放送中アニメの感想

キルラキル 第6話「気分次第で責めないで」

えっと・・・ ・・・・・・ 『キルラキル』の主人公って誰でしたっけ?(笑) ・・・・・・ ストーリー展開やら演出やらなんやらがもうアベコベになってて、猿投山が主人公で流子が敵役と言われたらそのまま鵜呑みにしてしまいそうなほどの、天晴な男っぷり満載の復活劇でしたね。 そりゃ今話で初めて登場した皐月の母親の鬼龍院羅暁のこととか触れるべき点はいくらでもあるんですが、猿投山vs流子の2度の対戦があま...

2013年11月23日(土) 20時10分 | ボヘミアンな京都住まい

↑