積むゆとりがないブログ  -  「十六夜のフォルトゥーナ」の応援バナーキャンペーンで「宮坂みゆ先生直筆イラスト色紙」に当選したよ!?

応援バナー(仮)

bunner_1500_500_hati.jpg

「十六夜のフォルトゥーナ」の応援バナーキャンペーンで「宮坂みゆ先生直筆イラスト色紙」に当選したよ!?

「十六夜のフォルトゥーナ」の応援バナーキャンペーンで「宮坂みゆ先生直筆イラスト色紙」に当選しました

Lapis lazuli ラピスラズリ 十六夜のフォルトゥーナ 応援バナーキャンペーン
応援バナーを貼った中から51名にプレゼントが貰えるという大盤振る舞いな企画だったのですが、前々から開催されていたツィッターキャンペーンに破れていて、全く期待はしていない中の当選でかなり驚いていました
他のグッズなら分りますが、1/51の「宮坂みゆ先生直筆イラスト色紙」に当たるなんて・・・感激です
希望のキャラが指名できるとのことだったので、冬月時雨ちゃんを選ばせて頂きました
正ヒロインの汐宮ルシアちゃんも捨てがたかったのですが、ツンデレっ娘には勝てませんでした
どちらかというと、Mなので・・・
時雨ちゃんに死ねと罵られたかったですw

Lapis lazuli ラピスラズリ キャラクター人気投票
発売後の人気投票で1位に輝いたのは時雨ちゃんでした

積みとゆとりのブログ - 十六夜のフォルトゥーナ を応援します
それにしても、バナーを貼り付けたページの自分のコメントが・・・
色んなエロゲーを応援していますが、私がバナーを始めて初の普通の恋愛ものなんじゃ!?
もう家族に恋したり、妹を押したり、姉を押したり、催眠したり、おしっこガマンするエロゲーはお腹いっぱいですよ!?
たまには普通の恋がしたい
ちなみに時雨ちゃんが一押しですよ


もう色々病んでいるなw
貼った当初の私、やっぱり時雨ちゃん押しだったのか・・・
そして、公式のあらすじから、田舎町で起こる普通の恋愛ストーリーだと騙されてるw
普通の恋愛ものじゃなかったよ・・・
2014_01280014.jpg
ヤマトさんで来ました
2014_01280026.jpg
当選書
ルシアちゃんのイラストが描かれていて、とても可愛らしいです
中の文面もわざわざ変えて書かれているのね
2014_02010024.jpg
宮坂みゆ先生の時雨ちゃんイラスト色紙です
ツイッターによると、アナログは苦手とのことだったのですが、、全くそういうところは見受けられなく、凄いの一言
キャラも大きく描かれていて、色の塗りも多色で細かいですし、特に瞳の中は引き込まれるくらい上手いです
ゲームのCG絵は幼い感じがしますが、アナログだと大人っぽい感じが漂っていて、大人の余裕がある女の子みたいに見受けられます
笑顔の時雨ちゃんだなんて、滅多に見れない表情ですね
宮坂みゆ先生のサインも可愛い

冬月時雨
冬月小菜の双子の妹
双子キャラだったのに、姉は天然で明るく多彩なできる子、妹はグータラでできない子&暴言ツンデレという異色な取り合わせのキャラでした
特殊な姉のキャラ設定のせいで、双子独特の同時喋りとか、以心伝心とか、そんなネタはなかったですね
本編で時雨ちゃんは、とある事件のことで塞ぎこんでばかりいましたが、物語の最後では、色紙に描かれた絵みたいに笑顔になれてよかったです
時雨ちゃんルートでまさか、主人公がマスオさんエンドに入るとは思ってもいませんでしたよw

もしファンディスクのようなものが出るようならば、冬月の双子が生きている世界線で主人公を取り合うようなドロドロしたお話をお願いします
もちろん主人公は今回の設定と寸分と変わらず、彼女達のヒモというキャラでw
主人公の九条薫は無職でありながら、最後までブレずにタダ飯を喰らっていたのがツボでした

最後にLapis lazuli様、宮坂みゆ様、この度は綺麗な色紙を頂き、ありがとうございました
とても嬉しかったです
十六夜のフォルトゥーナ
十六夜のフォルトゥーナ
ブランド:Lapis lazuli
発売日:2013/11/29
ジャンル 恋愛ADV

少女たちと出会い、運命の輪はゆっくりと廻り始める。
前方には海、後方には山脈がそびえる五条町。
町と称しているが その実、村に毛が生えたようなもの。人口も5000人を超えているのか疑問の余地があった。

そんな町に訪れたのは、長らく放浪の旅に出ていた主人公・九条薫だった。
とある事情から家を飛び出し、日本各地を転々としていた。

しかし酷暑の昼下がり、五条町で一稼ぎ目論んでいた薫は、熱気にやられて倒れてしまう。
そんな薫に救いの手を差し伸べたのが、町のシスターである汐宮ルシアだった。
世話になったからには恩を返さないと気が済まない。 そんなチャンスを待って、薫はしばらく町に滞在することになった。

そんな中、後を追い掛けるように現れた薫のいとこ・九条乙女。
そして不思議な双子・冬月小菜、時雨との出会い。

薫は、ずっと探し求めていた。
生まれて初めて手にした自由の使い方を。 縛られた運命から開放されるための答えを。
降り掛かる偶然の数々は、運命の女神の仕業なのか。 それとも――
関連記事

コメント


トラックバック

↑