積むゆとりがないブログ  -  「レーシャル・マージ 」を応援します

応援バナー(仮)

「レーシャル・マージ 」を応援します

AXL新作第10弾「レーシャル・マージ」 2014年3月28日発売予定!
レーシャル・マージ
ブランド: AXL
発売日: 2014/03/28
ジャンル: ADV

辺境の村は、お祭り騒ぎを迎えていた。
なんと 50年ぶりに王都の 『王立高等選抜学院』 に合格した若者、ウィル・ブラットリーが出発の日を迎えたのだ。
年寄りばかりのこの村で、あふれんばかりの愛情と薫陶を受けて大切に育てられたウィルは、知識も技術もある心優しい青年に育っていた。
しかし、辺境のこの地には若い女性がいない。 「嫁を見つけるまで帰って来るな!」 と爺ちゃん・婆ちゃん・村人に背を叩かれて、ウィルは王都に旅立つこととなった。

田舎しか知らないウィルにとって王都は華やかだった。
なにしろ道を “若い女性” が行き交っているのだ。 そして、田舎と違って困っている人も多い。
困っている人を放っておけないウィルは、目の不自由な美少女・メリルを助けることになる。
一応礼は言われるものの、冷たくされてしまうウィルだったが、その美少女とはすぐに再会することになった。
彼女はウィルがこれから通う選抜学院で小間使いをしていのだ。

『王立高等選抜学院』 は、貴族と庶民との壁を越えた付き合いを理想とする、先進的な学院である。
この学院で学ぶ者は卒業後、王国を支えるエリートとなるのだ。
だが、公平を謳う学院内部にはあからさまな身分差があり、同室となる庶民は付き人として貴族に仕えていた。

しかし田舎育ちのウィルには、身分差というものが根本的に理解できなかった。
この上なく高貴な存在・フィリスと出会ってもそれは同じだった。
彼女は国王の妹にもかかわらず問題児の不良で、付き人の最優秀な庶民・アリシアを日夜困惑させていた。
そんな高貴な身分ゆえ誰もが一歩引いてしまうフィリスにも、ウィルは “若い女性” とだけの感慨しかなく、対応を変えることもない。
誰に対しても同じ態度を貫くウィルは、次第に学院の根強い差別意識を塗り替えていく。

メリル、フィリス、アリシア、そして占い師で講師のモリー、最低身分となるサーカスの少女・エルルも交えて、
辺境の村で育ったウィルの世界は広がり、そしてウィルは世界を変化させていくのだ。

ウィルに出会ったことで、何もかもが変化していく。 ヒロインたちも、学院も、貴族も庶民も。
ウィルは無事、村に嫁を連れ帰れるのか !?

純朴系王道ファンタジーラブコメということで、王道ファンタジー好きにはたまらない設定ですが
>ウィルは無事、村に嫁を連れ帰れるのか !?
結局、そこかい!w
田舎に嫁を連れ帰る物語なの??
今や、ファンタジー世界も嫁不足ですw
レーシャル・マージ、全力で応援しますよ

ちなみにキャラクターでは、フィリス・レッドラップちゃんが好みです


関連記事

コメント


トラックバック

↑