積むゆとりがないブログ  -  別冊 少年マガジン 2014年 11月号、別マガ感謝祭2014、桜場コハル先生の色紙!?

応援バナー(仮)

bunner_1500_500_hati.jpg

別冊 少年マガジン 2014年 11月号、別マガ感謝祭2014、桜場コハル先生の色紙!?

別冊 少年マガジン 2014年 11月号、別マガ感謝祭2014の色紙に当選しましたよ

00000 001000000000 001
別冊 少年マガジン 2014年 11月号では、別マガ感謝祭2014というイベントで行われたイラスト大喜利、4コマバトルで描かれた色紙が124枚読者プレゼントされていました

関連記事
積みとゆとりのブログ  -  直筆サイン色紙の応募、別冊 少年マガジン 2014年 11月号!?

締め切りも発表も何も書いていなかった模様
公開されていた色紙もあったのですが、29人の作家さんの色紙が124枚あるとだけ書かれていた当たってからのお楽しみ度が高い色紙プレでした

ちなみに昔から好きな作家さんの桜場コハル先生に1枚だけ出しましたよ
2015_02190008.jpg
ゆうパックさんで来ましたよ
色紙はエアパッキンで梱包されていました

当選書はなかったです
2015_02190017.jpg
桜場コハル先生の色紙です
イラスト大喜利、自分のマンガと別マガマンガのコラボと言うことで
「惡の華」の仲村佐和ちゃんと「そんな未来はウソである」の大橋ミツキちゃんが描かれています
桜場先生のサインは色紙裏に書かれていました

大橋ミツキちゃんは人と目が合うと、その人の未来が少し見えてしまう女の子
未来が見えるので、人付き合いを避けていたという大人しめのピュアなキャラなのですが、
彼女が「惡の華」の仲村佐和ちゃんとその名台詞「クソムシが」を満面の笑顔で言うというMっ子には堪らないシュチュエーションとなっていました

「そんな未来はウソである」では高校生の女の子ヒロイン2人が未来が見える、嘘が分る能力があるのですが、その能力を使わずに彼女達の学園ライフが続いているので、作者さん設定忘れているんではないかとたまにハラハラすることがあります
たまに能力が出てきたら、作者さん覚えていたんだと安堵したり・・・
未来が見える云々以外は「みなみけ」と同じく、ゆるい日常マンガですね

最後に桜場コハル先生、別冊少年マガジン様、この度はこのような素敵な色紙ありがとうございました
笑顔で貶されて喜びを感じるようになりましたw
関連記事

コメント


トラックバック

↑