積むゆとりがないブログ  -  「サクラノ詩 -櫻の森の上を舞う- 」を応援します

応援バナー(仮)

「サクラノ詩 -櫻の森の上を舞う- 」を応援します

【サクラノ詩】応援中!
ブランド: 枕
発売日: 2015/10/23
ジャンル: ノベルタイプADV
原画: 狗神煌、籠目、基4
シナリオ: すかぢ、浅生詠
音楽: 癸乙夜
アーティスト: はな
作詞/作曲: すかぢ/松本文紀(Metrowing)

10周年を機に再始動した待望の注目作!
すかぢ氏が書けない作品 (恋愛モノ) を作るという目標から発足した、枕デビュー作となるはずだった2004年発表の『サクラノ詩』。
その後コミックスの発売や、2008年には 『しゅぷれ~むキャンディ』 で第一章体験版が発表されたものの、以降は沈黙を続けていた。
ところが、今年のエイプリルフールに合わせてプロジェクトの再始動が発表され、スタッフの変更も告知。 すかぢ氏自らの執筆や、狗神煌さんの原画起用などでさらに注目を集めることに!

物語のテーマは、ケロQより発売されたすかぢ氏の集大成的作品 『素晴らしき日々』 の “幸福に生きよ” のその先、“幸福な生” を体現する “日常”。
果たして氏の描く、反哲学的でごく自然な日常の物語とは――。

幸福の先への物語
春。 世界的な美術家である父の死により、天涯孤独となった主人公・草薙直哉は、親友である夏目圭の家で世話になることに。
そこには、直哉が通う学園の担任である夏目藍、圭の妹で女優の夏目雫 との交流が待っていた。
そして、新学期の到来と共に、遠い昔に転校した幼なじみ・御桜稟 が、再び直哉の前に現れる。

風に巻く桜の花びらの向こう。 それは、約束されていた再会の如く――。
時の刻みが想いを重ね、感情の奔流が形になるとき、そこで出会う光景とは?

10年煮込まれた待ちに待ったブランド: 枕 さんの作品
テーマが幸福の先への物語ということでどんな感動作になるか期待です
気になるキャラはやはり御桜 稟ちゃんですね
狗神煌さんが描くピンクロング髪キャラは栄えて見えます
筆を折った主人公も思わず、筆を下ろしたくなるそんな作品です



関連記事

コメント


トラックバック

↑