積むゆとりがないブログ  -  「Deep Love Diary -恋人日記-」を応援します

応援バナー(仮)

「Deep Love Diary -恋人日記-」を応援します

『Deep Love Diary -恋人日記-』応援中!
ブランド: Campus
発売日: 2016/10/28
原画: あゆま紗由
シナリオ: 月影彰太

私たちの本当の愛。 それは一冊の日記からはじまった――
主人公・青海渉 に許婚が決まり、ヒロイン・北園千佳 と顔合わせ 兼 お見合いをすることになった。

しかしふたりとも、お互い友人関係でさえなかったので恋愛感情は当然ない。
けれど逆に嫌う理由もなければ、文句を言って実家を困らせるつもりもないし、
どちらもまじめな優等生で恋愛をしたことさえないので、どうすればいいんだろうなと ふたりで首を傾げ合っている。

渉は愛に幻想はないけれど、男として選ばれるのは違う。自分で運命を選んで結婚したいと語る。
そこで千佳が提案。

「結婚はもう決まっています。 親も家族も悪い人じゃないですし、
 今まで育ててくれた恩に報いるいい機会でもありますから、この婚約で自分は一向に構いません。
 ですが、それでは自分にも渉さんにも失礼だと思います。
 それに私たち夫婦に愛がなければ、やがて生まれてくる子供にも悪いでしょう?
 なので結婚するまでの期間を使い、“本当の恋人”になれるよう努力してみませんか?」

提案に対し、渉も納得。 その通りだと頷く。
ふたりのゴールは決まっている。 許婚だ、結婚するのだ。 それはどちらも納得している。別にいい。
けれど、互いの関係を形だけじゃない本当の夫婦にしなければ、その先の結婚生活はお先真っ暗だろうというのもまた正しい。

まじめなふたりは努力して、相手の良いところや素敵なところ、魅力を知って好きになろうと頑張っていく。

「必ず、君を好きになってみせるよ」
「はい、頑張りましょう」

ふたりは “恋人日記” を作り、そこに書いた“恋人らしいイチャイチャ行動”を実行していく。

明日はカフェでデート、日曜日は手を繋いで買い物した後ご飯を作る、
人前であーんしたり、買い物に付き合ったり、エッチなことしたり…… そして――

お見合いをした好感度0状態から
考えた日記どうりに恋人を演じていくストーリーでしょうか
>男女関係の知識がゼロのため、女友達や女性誌などを真に受けて、時に過激な行為へ渉を誘う。
千佳ちゃんの純真無垢な性格がとても面白そうです
関連記事

コメント


トラックバック

↑