積むゆとりがないブログ  -  ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第二話 「ハウリング」 感想
FC2ブログ

応援バナー(仮)

捻くれモノの学園青春物語〜俺と彼女の裏表〜 応援中!

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第二話 「ハウリング」 感想

巷では先日のアストライアの天秤のテレビ番組で出てきたヴァンパイア、ミナ・ツェベッシュの話題で持ちきりで、このことが自分でも分からないが、何故か、嫌な鏑木アキラ。
彼は学校で自分を追跡している幼女がミナ・ツェベッシュだということを知る。
彼は刺客に襲われる彼女を助け、彼女が何故、こんな危険な中、外へ出るのか、不思議に思う。
彼女が危険を顧みずに、外に出ている理由が自分の存在にあることを知った彼は、化け物の刺客に教われる中、昔失った記憶の一端を思い出すのだった。

よおく、ミナ・ツェベッシュの顔を見ての感想。
これって、ルリルリだ。
ナデシコのホシノルリだ。劇場版の方だよ。似てるよ。

そして、幼女に太陽の日を浴びて、灰にならないための薬を塗るシーン。
これはアウト。アウト。アグネスが来るよ。
でも、アウトにならないのは、このキャラがヴァンパイアで、人間じゃないという、微妙なラインを走っているからかな・・・。
そして、記憶を思い出し、人狼に覚醒する鏑木アキラ。
狼から人に戻ってみると・・・。
アキラ裸だ・・・。しかも、ニナをクールに抱きとめてる・・・。
アウト。完全アウトだぁ。

bdcam 2010-01-14 22-54-13-634
bdcam 2010-01-14 22-54-56-986
bdcam 2010-01-14 22-56-49-998
bdcam 2010-01-14 22-57-47-528
1c9a74a9a69fdb6f.jpg

関連記事

コメント


トラックバック

↑